VTXファーム書き込み方法

Last-modified: Sun, 29 Jul 2018 14:58:23 JST (298d)
Top > VTXファーム書き込み方法
  1. 準備
    1. ST Link/V2 を購入する
      アマゾンさんで 300~1000円程度のもの
      画像検索でピン配置がわかるものが良いと思います。
      私は ttps://www.amazon.co.jp/dp/B012VR3PVA/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1499284062&sr=8-3&keywords=st-link%2Fv2
      を購入しました。ピン配置は"ST Link/v2 pinout" とかで検索すれば出てきます。
      例. ttp://wiki.sgmk-ssam.ch/images/d/dc/ST-LinkV2_pinout_01.jpg
       
    2. ST Visual Programmer をインストールする
      ST Visual Programmer でググれば見つかります。
       
    3. ST Link/V2 と マイコンチップを接続する
      ST Link/V2 を USB から外して作業するのがポイントです。
      各zipに入っているランド.jpg(or ランド.txt) を参照してください
      リセットは ST Link/V2 のSWIM_RST, NRESET, RST(表記が異なるだけで意味は同じ)等を
           SWIMはST Link/V2 のSWIM をつなげて下さい。
           GNDはUSB のGND とつなげます。
           電源はST Link/V2の 3.3V(or 5V:ものによって異なる) とつなげてください. 電圧を間違わないように注意してください.
       
    4. ST Link/V2 と USB を接続する
  2. ファームを書き換える
    1. プロテクトの解除とファームの削除
           最近のファームにはリードプロテクトがかかっているのでバックアップはできません
           プロテクトを解除すると、プリインストールされているファームは消えてしまうので、
           注意が必要です。
       
      1. ST Visual Programmer を立ち上げる
      2. デバイスの設定を行う
        (恐らく勝手に Configuration ウインド が開く)
        [Menu] -> Configure -> Configure ST Visual Programmer でも立ち上げられる
             Hardware: ST-LINK
             Port: USB
             Programming mode: SWIM
             Device: STM8S003F3
         
    2. リードプロテクトの解除とファームの削除
      バッテリーを接続して、電源を入れます。
       このとき電波を発射しますので、作業まえに申請を通しておくか、
       ダミーロード等を接続しておきましょう。
       
      「OPTION BYTE」タブを開き「ROP」欄を「Read Out Protection OFF」を選択します。
      [Menu] -> Program -> Current tab
      でリードプロテクトが解除されます(ファームも消えます)
       
    3. 書き込み
      1. ファイルを開く
        ST Visual Programmer の[Menu] -> File -> Open でzip内の拡
         
      2. 書き込み
        [Menu] -> Program -> All tabs
  1. ライセンス
    それ以外については一応私が著作権を持っていますが、
    コピー、再配布、改造等々は好きに行ってもらって構いません。